「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

\そうだ、大島いこう!/椿油の搾油見学

\そうだ、大島いこう/

f0353108_18495630.jpg


ごきげんさまです

大相撲・大阪場所は三横綱がなんだかなぁで
ごきげん斜めのカルメンまつおかです

こんなことでごきげんを悪くしてはいけない
ということで

思い立って大島へいってきました
(一昨日の月曜、雨の中…苦笑)

大島チョイスは

【高田製油所・椿油】たかたせいゆじょ

(「たかた」です、濁りません)

そちらで椿油の搾油作業を見学したいなと

グリーンフラスコでも扱っている
美味しい椿油を作って
くださっています


大島元町港からほどなく坂道をあがると
高田製油所があります

ノー看板で、なにげなくあるので
一度通りすぎました…苦笑

f0353108_18504066.jpg



【高田製油所・椿油】
搾油作業の見学

製油所は4代目の高田義土さんと
相方さんの二人で稼働しています

搾油作業は月2回ほどとのこと

今日はタイミングがあって、ほんとにありがたい!

入口をはいると、五台のなんとも腹の据わった
古式の玉締め法の搾油機が並んでおります

f0353108_18562366.jpg



香りは、はじめて嗅ぐ香りでした

栗に似たほくほくっとした感じですが、
甘味はそこまでなく、オイリー感もある印象

奥で作業をしているのが、四代目の高田義土
(たかたよしと)さんです

大きな機械が動いている音が絶え間なく聞こえます


【搾油作業の行程、ざっと】

①椿の実を選定

いい油を取るためにこの選定に二日は
かけるそうです

②選ばれし椿の実を、殻ごと粉砕します
右奥の緑の機械が粉砕機械

手前の大きい機械は、玉締め法で
油に圧をかける機械です
10トンの圧がかけられるそうな

f0353108_1857520.jpg


③細かくした椿の実を蒸します

蒸すのは、水と油にわけて、油をとりやすく
するためだそうです(説明あってるのか?!あれ?)

蒸し器から蒸気がはげしくでていました


f0353108_18575296.jpg


④蒸したら詰めます

詰めるのに押してるの棒は、こちらも椿の木
だそうです

つやつやしてました

f0353108_18581649.jpg



⑤いざ、セットポジョンへ!

成形して布で蓋をしたら、いざ石の下へ
油もついているので、スライドさせて
セットアップです

この布、袋はいまはナイロンだそうです

ナイロン素材がないころはなんと!【人毛】
だったとのこと

髪って強いんですね

ナイロン袋を作っているのは、かつら屋さん

髪の毛つながり

f0353108_18592129.jpg



⑥圧をかけます

圧をかけるのは、【下から】になるのが
この玉締め法の特徴です

ゆっくりと圧をかけて、じっくり美味しさを
ひきだす方法です

動力は、奥にあった大きな機械です

五ついっぺんに圧をかけるのではなく、まずは2つ
次に3つをかけるようです

4代目が作業をしているのが、動力機械です

f0353108_1903268.jpg


⑦圧がかかってきました

右が圧がかかっている機械です

左がまだ圧をかけていない状態です

わかりますかね?

下の部分が上がってきているのです

f0353108_1913597.jpg


⑧油が搾られてきます

圧をかけてほどなくすると、じわっーと
椿油が穴からでてきます

ちょーーーーバージン椿油☆

香りはさらっとしている感じでした

一台あたり20㌔の椿の実で5㍑の油が
とれるそうです

f0353108_192147.jpg



⑨黄金の椿油シャワーやぁ~

ちょっと、下世話な表現で失礼

でも、そんな印象でした

五台が稼働してそれぞれ搾っている状態は
黄色い光のラインができていました

f0353108_1932680.jpg



⑩搾られた椿油はタンクへ

黄金のレールから、一番右にあるタンクに
流れていき、そのあと濾過だそうです

濾過もいろいろと試して、古式の機械には
やっぱり古式、ということでこちらも
昔ながらのドリップ式だそうです

残念ながら、濾過までは見学ができなかったので
次回のお楽しみ♪ということにしようと思います

f0353108_1935562.jpg


ものを作るには時間と工夫が必要で
それにはひとの手が作り出す

ということがよくわかった時間でした

4代目は試行錯誤し、おじいさま(2代目かな?)
とも喧嘩して、いまに活かせる製法などを
実践して自分の形にしてきた、とのこと

「椿油もたくさんあるけど、自分はこのポジションでやっていこう」

ということを徐々に明確にしてきたそうです

椿の実は、農作の間に自生の実を拾っています

地元の農家の方や小さいお子さんの力があってこそ
なんです

どんなものも、なんにんものひとの手を
わたって自分の前にあることを忘れずにいたいです

4代目の名刺には、玉締め古式が
「どーしても、これ凸版でやりたくて」

と、お茶目なことをおっしゃっていました

f0353108_1942756.jpg


4代目、またお目にかかれる日まで!
[PR]
by gfshop | 2016-03-16 19:07 | ◆よもやま話 | Comments(0)

自由が丘に桜さく


ごきげんさまです


カルメンまつおかです

 
自由が丘にも桜がさきましたー☆


緑道にある桜並木の中で【河津桜】があるのですが
その1本が咲いていました


桜ってえらいですよね


ちゃーんと、咲く時期がわかっている
すごいなって思います


花粉も絶好調!にとんでいますので【春茶】を飲みつつ
春の訪れを味わいたいものです

まつおか





f0353108_17452191.jpg

[PR]
by gfshop | 2016-03-05 17:45 | ◆よもやま話 | Comments(0)